個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-12-20 (Thu)
前回に引き続き、マイホームのこと。 今回は、いちばんに展示場へ行ったC社のことを。
見に行こうかと決めたところでタイミング良くコンタクトとってきたのが、このC社でした。
色々と情報を収集していったり、展示場を見に行ってわかったことを簡単にメモすると以下の通り。

県内(だったはず)の建築率はNo.1
「天下のC社」と言われるくらいに値段が高い
その分、間取りのデザインとかは他メーカーよりもセンスが良いらしい

わたし達の担当は、ひとつ歳下で27歳のHくん。 既婚者、子どもなし、最近建売を買ったそう。
RAG FAIRのおっくん似で、第一印象は「若くてとにかく一生懸命かつ下手に出る子」という感じかな。

先月に展示場を見て、そのときに義実家の土地を調査させて欲しいと言われてそのままお願いして
今できる範囲での地盤調査の結果、義実家の土地の地盤はしっかりしているそう◎
勿論解体してはじめてしっかりした調査ができるけど、それにしても大補強が必要なレベルじゃなさそうと。
土地を把握してもらったので、こちらの希望を伝えて後日一度間取りを作ってもらいました。

が、わたしが希望していた点が2つくらい反映されていないし、それに対しての説明がない。
おまけにこの時点で、わたし達の中で「C社は高いんだ」という認識がはじめてできていたので、
無駄なことはしたくないため「予算が○千万なので、それ以内におさめたプランと見積もりにして」と
多分無理だろうなあ と思いつつ言ってみたら、予想外にHくんがねばる。
「え、C社でわたし達の予算で希望点を組み込んだ間取りができるんですか?」と驚いたら、
「やります! 見積もりも予算内で出します!」とHくん。 あれ、C社でできちゃうワケ?

と、2回目にできあがったプランを見ると、確かにギリギリ予算内にはなってるけど、とにかく狭い。
希望の点は組み込まれてはいても、子ども部屋が4畳・・・せめて6畳近くは欲しいよなあ・・・
「さすがにこれじゃあ狭いですよね」と言ったら、「作り直します!」と。 えーーーまだ可能路線?!
ちなみにこのときの打ち合わせの雑談中、ふいにわたしの高校と大学を聞いてきたHくんだけど
答えたら「えええーーーそうなんですか・・・そうなんですか!?」 と、超びっくり&態度急変。
そんなにわたし馬鹿に見えてたのかしら(馬鹿だけど!)、ていうか学歴でペコペコし出すって・・・と
若干引きつつも、まあ舐められないのなら良いか と思いつつ、次回に期待。

そして、先日。 3度目のプランを見せてもらったのだけれど、まあそれなりに改善されてる?
ただ、予算が現時点でギリギリ。 ここからオプションつけたりしたら確実に膨張するだろうし、
ただでさえ高いと言われるC社なわけで、今の時点でギリギリってダメだよな・・・と引く。
するとHくんの「自社工場に来てくれたら、その場で上司に電話交渉して最終見積もり出します!」と。
いやさあ、強度がどうこうとか構造も大事なのはわかってるけど、今はそこじゃないんだよね。
自社工場でC社の構造の素晴らしさに惚れて即決! とか、わたし達は絶対にならないし、
そもそもがその場で上司に電話します とかいうパフォーマンスも別に要らないんだけどなあ。
ただ、要はそこに行かないことには具体的なお値引きが入った見積もりは出してくれないということ。

週末どうかと超アプローチされたけど、離れた市にあるからその日はそれに潰れちゃうわけで。
だったら現段階では他メーカーとの打ち合わせを進めたいし、そもそもC社への熱が冷めてるし・・・
ということで、日程確認してまた電話連絡しますとかわして、その日は終了したのでした。

その日はその後にA社(現段階でいちばん信頼してるメーカー)との打ち合わせがあったので、
A社のプランを見る際にC社のくれたプランと見比べてみたんだけど、そこではじめて愕然。
わたし達素人が見ると意外とすぐに気づけないところを、色々と指摘されてはじめて気づいたよー汗。
見積もりも省略されてるお金が200万くらいあるし、安くするために適当に削ってある金額がある!
それ以前に間取りに関しても、収納がほとんどないし、日当たりや風通しへの配慮も適当。

これはないわ・・・ ということで、C社さんはお断りすることにしました(´-ω-`)

その日の夜、夫くんがHくんに電話したんだけど、お断りしたらHさん慌てだしてねばるねばる。
きちんと理由も話したのに、「工場だけでも・・・」とか「うち以外は全部地震で壊れます」とか。
半泣きっぽくなってきて、どうやらわたし達とは契約できそうだと思ってたらしくて驚いたと。
いやーーーだったら逆に、もっとしっかりと考えて色々と向き合ってくれるべきだったんじゃ?苦笑
20分以上ねばられて、最終的には意気消沈して「わかりました・・・」と言われ、無言。
夫くんが「ありがとうございました」と言っても「・・・」。 なんじゃこいつーーー!
無言なので「失礼します」と言ったら「はい・・・」と聞こえて、こちらが電話切ったんだけど
あいつ「ありがとうございました」の一言もねえよ! と、夫くんとドン引き&苦笑い。

そんなこと話してたら1分くらい経って、またHくんから電話がかかってきて。
何かと思えば、さっきの落ち込みから一転して今度は微妙にムカつき系の口調になっていて
「契約しないなら、今まで渡した資料全部返して欲しいんですけど!」 だってさ。
いや、要らないし返すのは構わないけど、何その態度! と、腹が立って夫くんに小声で指示して
「会社としての決まりなのか? あなたの個人的な感情と判断だったら、お断りします」と言わせたら
「人間としてどうなんすかねえ?」 だって。 はーーらーーーたーーーつーーーー!

というか、あくまでも会社の人間とただの客なのに、この態度っておかしいだろ!
夫くんは口下手だし、わたしが電話かわろうかと思ったけど、でしゃばりすぎかと思って自粛。
でも、ぐうの音が出ないくらいに打ちのめしてやりたかったわあ。 人間としておかしいのはお前だろ!
返すのは良いけど顔も見たくないから「ポストにいれておきます」と言ったら、
このあたりでクールダウンしたのか、「夜遅いので明日でも構いませんが・・・」とか言い出すから
「いや、置いておくだけなので今日で良いです」と切りました。 夜22時くらいだったかな?
でも取りに来る手間があるのはお前だけだし、自分でその手間をこしらえたわけだし、ざまーみろ。

ちなみにポストに入らなかったので、ポストの上に置いておくと連絡したんだけどさあ、
そもそも返却して欲しいくらいの重要資料なんだったら、そんなに簡単に外に置いておいていいわけ?
そこはあっさり了承するんだ? と、余計にいい加減な態度に腹が立ちましたよ。
そんなんだから契約までいかなかったんじゃんお前。 個人的感情丸出しにしちゃうってどうなの。
断って(少なくともHくんが担当のまま契約しなくて)良かったわと再実感しましたね。

というわけで、さよならC社 というか Sキスイハウス!笑
(あまりに腹がたったので、もはや名出し・笑)
ま、このメーカーが悪いとは言わないけれど、Hくんがダメ過ぎましたね。

なので、現段階で残るはA社とB社。 ただ、毎日の話し合いでほぼわたし達のこころはかたまりました。
今週2社と打ち合わせがあって、そこでひとつに絞れそうなので、それはまたおいおい。
関連記事
スポンサーサイト
Theme : マイホーム * Genre : 結婚・家庭生活 * Category : ∟マイホーム。
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。