個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-11-21 (Wed)
落下する夕方』 個人的評価:★★★☆☆



あらすじ
リカ(原田知世)は4年間共に暮らした健吾(渡部篤郎)から他に好きな人ができたと突然別れを告げられる。健吾が出て行った部屋でリカはひとり彼の帰りを信じて何をするでもなく過ごしていた。そんなある日、健吾が好きになった相手華子(菅野美穂)が突然現れ、そのまま住み着いてしまう。混乱するリカだが華子は気にする風もない。そこへ、華子を求めて健吾もやってくるようになり・・・。
(以上、こちらより引用)

以下、ネタバレ含む簡単な感想。

感想
かなり前にテレビ放映されたのを録画しておいて、最近やっと観終えましたわ。
1990年代の映画で古いので、いつもだったら悩んでスルーしそうなものなのだけれど
これは原作が江國香織なので観てみました。 タイトル見たときに「あ、江國さんだ」っとね。
原作自体も数年前に読んだことがあるのだけど、当時は江國作品がどうも苦手だったので
内容がどんなんだったかすっかり忘れてしまった・汗。 結婚後、急に江國ラバーになった謎。

【送料無料】落下する夕方 [ 江國香織 ]

【送料無料】落下する夕方 [ 江國香織 ]
価格:560円(税込、送料別)


今までの経験で言うと、原田知世が出てる作品ってわたし飽きちゃって眠くなる傾向があって。
昔のってのもあるし、静かめな作品が多いから? 観てるとウトウトしちゃって諦めたりしてたけど、
これはさすがに原作がしっかりしてる安心感からか、最後まで飽きずに観られました。
もちろん年代が前だから全体的に古いんだけど、ストーリーが静かながら強烈で気になるの。
あとは菅野美穂の存在が大きいね。 若いけどやっぱり存在感あるよ菅野ちゃん、キレイだし。

超冷静になると「おかしいだろ」と突っ込みたくなるようなストーリーではあるんだけど。
ストーリーというか、リカさんおかしいでしょ! と。 もっとおかしい華子はそれはそれとして、
突然よく知りもしない華子(しかもライバル的な)が居候してきて、それを受け止めちゃうって
いやいやいやいや 普通あり得ないよね。 ま、あり得なかったらストーリー成立しないけど。

穏やかに病んでいて、穏やかに壊れていって、穏やかに立ち直っていく再生の物語 ってとこ?
結局、きっかけって思いもよらぬものだったりするのかな。 リカの場合、それが華子。
自分の恋人の気持ちをさらっと奪っていったひとに再生させられるってどうなんだ だけど。
結局は「ひとりぼっちじゃない」という状況になることが大事なんだろうな、失恋後って。
そんな華子自身は、ぽっかり穴があいたまま、それを最期までどうしようもできなかったのが哀しいけど
華子の存在と死すらもが、リカと健吾に上や前を向かせたって、本当に大きい存在。

にしても、健吾がダメだろ! 4年も付き合っていたのに何も踏み込まなかったのも悪いし、
だったらだったでさっさとキリをつけてあげれば良かったのに。 若かったならともかくとして。
結婚しなくて付き合うだけ長く付き合っといて別れるって、受ける身としてはしんどいよー。
まあ、誰かをすきになるってアクシデントだとしたら、どうしようもできないものではあるけど。
そんなある意味ダメ男を、なよなよの渡部篤郎が演じたところがまた良かったんでしょうね。

菅野美穂ってキレイで可愛いけど、少し危なっかしい役も似合うんだよねえ。
ちょっとおかしい子ちゃんみたいなの。 あの独特の喋り方が合ってるんだろうなあ。
小説が映像になりました、って感じの映画でした。 観るというか、読み進めていく感じ◎
関連記事
スポンサーサイト
Theme : TVで見た映画 * Genre : 映画 * Category : ∟えいが。
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。