個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-04-10 (Tue)
いらっしゃいませ、患者さま。』 個人的評価:★☆☆☆☆



あらすじ
風俗業界のカリスマ再建屋・恩地(大友康平)は、ある日逆上した客の銃弾を受け倒れてしまう。瀕死の恩地が運ばれたのは、なんと倒産寸前の病院。そこで世間知らずな近馬院長(渡部篤郎)のヘタな経営を目の当たりにした恩地は、思わず病院再建を買って出てしまう。「病院はサービス業、お客様は神様だ!」と、次から次へと掟破りのサービスを開始する恩地。近馬が言いなりなのをいいことに、恩地の“改革”はとどまるところを知らず・・・。
(以上、こちらより引用)

以下、ネタバレ含む簡単な感想。


感想
先日、深夜にテレビ放送されていたのを録画した映画。
洋画だと観ないんだけど、邦画だとせっかく無料なんだしと
ついつい録画しちゃうんだよね。 B級が多かったりするけど。

ということで、こちらもやっぱりB級映画でしたね・苦笑。
2004年だからかなり前なんだけど、古さ漂うB級感がなんとも。
大友康平だしね、ハウンドドッグだしね・笑。 映画出演かよ!
渡部篤郎は、何を演じても「渡部篤郎」な気がしちゃうし。
(というか、山本高広のモノマネを思い出しちゃうんだけど・笑。)

まず、キャストが細々と色々なひとが出ていて、うるさい感。
藤岡弘、石原良純梨花さとう珠緒に・・・って
他にもキャストが盛り沢山で、目が忙しかったもん・苦笑。
三木聡監督映画でお馴染みの村松利史さんと松重豊さんは、
見つけたときに「おっ!」と、うれしかったけれども。

ストーリーは、もともとB級という眼鏡でもって観てるから
ひとつひとつ突っ込む気にもならないし、逆に許容できますが。
恩地が病院再建のため採用した色々なサービスがすごい。
バリウム口移しサービスとか、ナース指名制とかね・苦笑。
男の患者さんは喜びそうだけど、女の患者にはどーなのそれ。
でも、「ミッドナイトナース」という看護師さんのラジオは
意外と良いかもなんて思ったり。 入院中の夜が楽しくなりそう?

病院もお客様(患者)あっての商売だ、ってのはそうだと思うし
サービス業的に色々とサービスを打ち出してくれるのは良いね。
病気ってなくなることはないし、お客様は耐えなさそうだけど
わたし達患者側も、病院ってやっぱり選ぶものだしね。
サービスというか、医者の質や人柄がいちばんポイントだけど。

まあ、とんでもない病院をとんでもないひとが再建して、
ぶっとんでるけど改革が起きて、ハッピーエンド! という映画。
しれーっと観られるけど、ひとつひとつ面白いわけでもなく
とにかくキャストを確認したりするのが忙しかっただけ。
意外と大物さんがちょっとだけ出てたりするんだよ、これ。

ちなみに、開始早々おっぱい出したお姉様方が沢山出ます。
乳首ももろに見えてるので、一瞬どきりとしたけどね・笑。
関連記事
スポンサーサイト
Theme : 邦画 * Genre : 映画 * Category : ∟えいが。
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。