個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-03-28 (Wed)
モテキ』 個人的評価:★★★★☆



あらすじ
藤本幸世(31歳)(森山未來)。金なし夢なし彼女なし。派遣社員を卒業し、ニュースサイトのライター職として新しい生活を踏み出そうとしているが、結局のところ新しい出会いも無いまま。だが、ある日突然、「モテキ」が訪れた!みゆき(長澤まさみ)、るみ子(麻生久美子)、愛(仲里依紗)、素子(真木よう子)。まったくタイプの異なる4人の美女の間で揺れ動く幸世。「こんなのはじめてだ・・・今まで出会った女の子と全然違う・・・冷静になれっ!・・・期待しちゃダメだぁ・・・」モテキの波を超えて、幸世は本当の恋愛にたどり着けるのか?
(以上、こちらより引用)

以下、ネタバレ含む簡単な感想。

感想
昨日、夫くんと「観たい!」ということでレンタルした映画。
最近レンタル開始になったばかりの、新作ほやほやなのだけど
公開当初から本当は映画館で観たかったくらいの作品です。
なんてったって、だいすきな未來くんが出てますし(^_^)

こちら、もとはドラマが先に放送されていましたね。



わたし、リアルタイムでは観られなくて、ネットで(済みません)
観たのだけど、まだ半分くらいしかドラマの方観ていなくて。
それでも、ドラマの方で予備知識が半分くらいはできたわけで、
ドラマを観てからこの映画を観た方が、もっと楽しめるかも。
(勿論、映画だけ観ても内容や設定は全然わかるんだけど。)

星よっつだけど、5に近いです。 それくらい面白かった!
何ていうか、エンターテインメントとしてすごく成立していたし、
最初から最後まで、映画のコンセプトがぶれていなかった感じで
同じ勢いのまま突っ走れてるし、こちらもハマって観られたし。
これぞ“娯楽”としての映画だよなあ、というお手本みたい。

音楽をたっぷり使ってるとことか、オリジナリティあるよね。
カラオケ風の映像にしたり、Perfume登場させて一緒にダンスしたり
とにかく楽しいし、音楽のチョイスがまた映画に合ってるの。
ドラマのときからだったけど、大江千里の『格好悪いふられ方』
昔からすきなうたで、使われていてほんとにうれしい限り。
あとは未來くんのダンスだよね、もうほんとにうまい!

幸世のナレーション的台詞が、テンポ良いしとにかく面白い。
夫くんがワハハといきなり声出して笑ったくらい(珍しい)。
どうしたのかと思えば「幸世の台詞が面白い!」とか言うから、
割と映画オンチなひと(コラ)にもわかりやすいんだと思った・笑。

幸世はドラマの方で童貞は卒業したんだけど、相手が微妙で
本当にすきなひととしたことがない、「セカンド童貞」で。
そんなひととしたい! 恋がしたい! と奔走するんだけど、
ダメ男キャラながらも、未來くんだし何気に恰好良過ぎるよね?
わたしが幸世と出逢ってたら、即彼女になりたいんだけど!笑
コアな音楽の趣味も、服装の趣味もすきすぎる。

でも、うじうじしたり根暗っぽいところが幸世の特徴。
そんな幸世にモテキが来た、という意外性をウリにしてるけど
ドラマの方で4人の女性からアプローチされていたのに比べて、
映画は4人いるものの、実際には愛と素子って薄くてびっくり!
実際にはみゆきとるみ子のふたりじゃん、って感じだった。
まあ、2時間くらいで4人しっかり絡ませるって無理かもだけど、
なので思っていたよりは、モテキではない気がしたけどね。

モテキというよりは、幸世が恋をした、というのが正しいかね。
「ヤりたい!」と悶絶したりしょーもないエロい部分があるけど
それでも幸世って、いとおしいキャラ。 一応一途だし?
本当のモテキとは、本当にすきなひととの両想いってことで
最後にみゆきをゲットできた幸世のモテキはこれからなんだろうけど
ハッピーエンドながら、あの終わり方が少しつまんないかも。

みゆきが幸世を選んだ、その気持ちの変化がもう少し丁寧に
描かれても良かったかなあ? なんて思うのが、少しだけ残念。
不倫してたし、ダメ恋愛だったからそれを卒業って偉いけど
でも相手のダイスケも最後には一応誠意見せたのにね? と。

るみ子は、どこか昔のわたしとかぶって見えて苦笑だったわー笑。
必死なんだよね、それが相手にはときとして重いんだろうけど。
幸世に振られてしゃくり泣くシーンとか、ものすごく既視感!笑
わたしも昔、あんなシーンを経験したぞ? と笑っちゃったわ。
弱いのに自分を持っていて、だけど簡単に自分を折り曲げちゃう、
そういうるみ子はものすごくいとおしくて、すきなキャラでしたね。

とは言え、みゆき可愛いー! ショートの長澤まさみ、可愛すぎる。
あんな子がいたら、ほとんどの男子がそりゃあ惚れるよね。
適度に自由奔放で小悪魔的だし、スタイル良過ぎだろありゃ。
「なこちゃんもショートにして!」と夫くんに言われたもん・笑。
(切ったところでわたしは長澤まさみには到底なれないのにね!)

リリー・フランキー演じる墨田さん、映画でもちゃちゃっと
幸世の周りの女性(るみ子)を食べちゃってるあたり、
くすっと笑えちゃいました。 ここはドラマ観ておいた方が良いね。

エンドロールまでYou Tube風にしていたりと凝っているし、
とにかく内容も明快だから、深く考えずにのめりこめる映画。
とてもよくできていたし、観ている2時間しっかり楽しめて満足◎
ちなみにわたしのモテキは大学入学した19歳の頃かなあ。
もうすっかり主婦だし、今後の人生にモテキは来ないんだろうけど
たまーーにもう一度モテキを経験したくなるよね・笑。
関連記事
スポンサーサイト
Theme : DVDで見た映画 * Genre : 映画 * Category : ∟えいが。
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。