個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-03-11 (Sun)
3月11日、東日本大震災から1年が経ったんですね。
何が変わらなくとも、時間は確実に刻まれて前へ進むということを
つくづく実感します。 良くも悪くも、無常だなあと。

わたしの直接的な知人は東日本大震災の主な被災地にはおらず、
あの震災で近しいひとを亡くした、という経験もしていません。
なので、震災についてなるべく発言は控えていました。
結局、メディアで知るしかなく、現実の一部を知ることができても
被災した方々の胸の痛みは、到底本当には知り得ないはずで。
それに、言葉にするにはあまりに難しかったので。

それは今も同じで、色々と思っても上手く言葉にできないけれど
やっぱり今日という日はひとりひとりが深く思い返すべきだと
そう思うので、ひとりごとという言い訳をしつつ、自分に記録。



1年前のあの日あの時間、わたしはいつも通り働いていて。
4階に位置する自店で、お洋服を畳みながら歩いていたので
揺れに気付くのが遅かったのだけど、カウンターから店長が来て
「あれ?」と言われた直後に、揺れがものすごく大きくなりました。
「東海大地震が遂に来た?」と直感して、ものすごい恐怖感で
とにかく店長と抱き合いながら、お店の真ん中でしゃがみ込んだ。

治まったらフロアの皆でお客様を裏口へ誘導し、待機して。
混乱こそ起きなかったものの、あまりの異常事態に皆不安で。
何とか通常営業を続けたものの、夜になって帰宅する際には
電車が全部止まり、駅がものすごいひとだらけで、プチ混乱状態。
震源地から離れた静岡でこんな状態になるとは・・・と驚きつつ
ひとまず帰宅しなくてはと、大混雑の臨時バスに揺られ無事帰宅。

夕ごはんより何よりまず事態把握! とテレビにかじりついて、
あの津波映像を観て、言葉がでなかったし、嘘みたいだと思った。
現実とは思えない映像だったし、想像をはるかに超えていて
これはとんでもない事態だ・・・と、本当に茫然としてしまった。

それから数日、どこか非日常の毎日だったなあ、今思うと。
地に足着けて生活するのがいっぱいいっぱいだったというか。
お仕事から帰宅すると、毎日のようにテレビにかじりついた。
震災で少なからずわたしも不安定になったんだろうけど、
とにかく移りゆく情報を把握しなくては! と本能的に思って、
寝てはいけないとすら思って、深夜までずっとニュースの日々。

わたしに限っては、丁度3月13日を境に大きく体調が崩れ、
当時はそれが妊娠のせいだとはまさか思ってもいなかったので、
震災で世間が不安定なとき、自分自身もとても不安定になり
それこそ毎日がいっぱいいっぱいで、普通じゃなかったなあ。
わたしの3月11日とその数日は、このようなものでした。



ボランティアに行けたわけでもなく(今後は育児で一層難しいし)
大きな額の募金ができたわけでもないわたしには、
被災地の方々を「救う」というのは、到底無理だと思っていて。
想わないわけがなく、こころから想ってはいるのだけれど
それが被災地の方々に形として還元されるのは、難しいだろう。

だから、わたしができることは「学ぶ」ことだろうと。
東海大震災が起きると言われている静岡に住んでゆく以上、
今回の震災はいつか我が身であるからこそ、学ばなければいけない。

まだまだ完全とは言えないけれど、防災セットを買いました。
同じく何も用意していなかった実家と義実家にも促して、
両家の分も頼まれて用意しました。 まるで中間業者!汗

震度6とか7とかのあの壮絶な状況で、助かるってとても大変で
「どうせ助からないし」と、言い方悪いけど今まで思っていて。
なるようにしかならないし、とどこか諦めすら持っていたので
色々と備えたところで無駄じゃない? と、何もしておらず。

だけど今思うのは「助からなくては」「生きなくては」ということ。
突き詰めれば、わたし単品はどうなっても良いとまだどこかで
思っているのかも知れなくて。 だけど、状況が変わって
息子くんだけは絶対に生きてもらわなければいけない! と。
そのとき、息子くんだけが助かってもひとりで生きていけないし
そのためにはわたしも絶対に助からなければいけないし。
わたし達ふたりでは無力過ぎるから、夫くんにも絶対に無事に
生きぬいてもらわなければいけない! という結論なのです。

防災って細かく備えていくと結構お金もかかってしまうけれど
いのちと比べたら、本当にとるにたりないものだと思いました。
本来は保険と同じく「無駄になっちゃったねー」で終わるのが、
いちばん良いことなわけで。 無駄な出費ってないんだなあと。

何をしたところで震災って防げないし、勝利なんて無理だからこそ
わたし達にんげんは、あの手この手であがかなければいけない。
そう思うからわたしも、精一杯あがこうと思うのです。
防災セットは用意OKだけど、まだおうちの補強ができていないので
今日は家具の固定器具などを買いに行こうと思っています。



わたしの知り得ない痛みと犠牲を抱えた被災地の方々が、
どうか少しでもこころやすらぐ日が、いつかきちんと来ますように。
被災地の全ての方々に、適切な環境が早く整いますように。

わたしはわたしの毎日を大事に生きようと思います。
関連記事
スポンサーサイト
Theme : おもうこと * Genre : ブログ * Category : ひとりごと。
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。